ロゴ
HOME>イチオシ情報>求人多数!初心者のための介護職の基本知識

求められている仕事の一つ!介護士

高齢化社会の影響で介護が必要なお年寄りが増えています。働く場所は一般的な老人ホームだけではありません。場所によって仕事内容も少しずつ違ってきます。介護士として働くためにはどのようにすればいいのか、どのような場所があるのかなど基本的なことをお伝えします。

介護士の働く場所一覧

  • 老人ホームなどの施設
  • 個人宅
  • 医療機関
  • デイサービス

介護で働くための資格3選

人形

介護福祉士

国家資格の中でも介護を専門とした資格です。福祉と医療的な知識を持ち、高齢者に関わります。介護福祉士の資格では高齢者だけでなく身体障害をもった方の施設でも働くことが出来ます。

社会福祉士

ソーシャルワーカーと呼ばれる国家資格です。生活相談員として相談者の悩みから必要な公的サービスを提案していきます。高齢者だけでなく、病気や障害など様々な理由で困難を抱えている人の相談を聞く仕事です。

ケアマネージャー

地方自治体が実施する試験に合格することで得られる資格です。介護支援専門員と言い、要介護者に合わせたサービスを市町村とともにサポートしていきます。活躍の場は日々広がっています。

求人多数!初心者のための介護職の基本知識

車椅子の模型

まずは無資格でも働ける

今の時点で無資格であっても、介護の現場で働くことが出来ます。各自治体で行われている介護職員初任者研修を受けると働くことが出来ることが多いです。誰でも受講可能で、受講料は自費ですが勤務先に伝えると補助してくれる場合もあります。求人サイトで補助してくれる勤務先を探してみましょう。初めに介護職員初任者研修を受けて、働きながら資格取得を目指すのが、経験を積みながら資格を取得できる近道と言えます。給料面でも国家資格があると優遇されることがほとんどですので長期間介護の職業に就きたいというであれば介護福祉士の資格を目指すのがおすすめです。